あなたは知ってる!?シミ取りの方法

紫外線だけでなく生活習慣も原因に

紫外線を浴びた皮膚は、防御反応を起こしメラニン色素を過剰に作り出します。そのメラニン色素が皮膚に沈着し、皮膚に残るとシミになります。シミを増やさない、できにくい肌にするために、日焼け止めは夏だけでなく年中塗りましょう。紫外線も大きな原因ですが、他にもニキビや乱れた食生活、睡眠不足、ストレス、タバコなどもシミの原因になる場合があります。規則正しい生活を心がけ、食生活でもビタミンCやE、コラーゲン、ポリフェノールなど、抗酸化作用の高いものや新陳代謝を促進する食材を積極的に取り入れましょう。また、もし日焼けをしてしまったときは、すぐに患部を水や冷たいタオルなどで冷やして熱を冷ましましょう。赤くなっている場合は炎症を起こしている可能性がありますので、しっかり炎症を取る必要があります。

毎日の積み重ねで徹底対策

これ以上シミを増やさない、自然にシミを取る方法として、十分な保湿で乾燥を防ぎ、肌水分量を高い状態に保つことをおすすめします。肌水分量が低いとターンオーバーが遅くなり、シミができやすくなります。また、洗いすぎにも注意しましょう。洗顔をしすぎると、善玉菌である表皮ブドウ球菌が減少するおそれがあります。表皮ブドウ球菌などの善玉菌には、紫外線や刺激から肌を守る役割があります。メラニンを排出するために、ヒアルロン酸やコラーゲンセラミドなどの保湿成分の入った保湿美容液などを使用することも有効な方法です。美白保湿ケアは毎日続けることで効果を発揮しますので、無理なく継続できるものを選びましょう。シミ予防を日頃から行うことがとても大切です。紫外線対策の徹底や、スキンケアを見直してみることで、予防、対策が十分可能です。